医療法人社団英聖会 西日暮里歯科クリニック
TEL 03-3806-4583
Contents HOME 一般歯科 矯正歯科 審美歯科 小児歯科 予防歯科 歯周病
| 矯正歯科TOP | 矯正装置の種類 | 症状の詳細と治療法1 | 症状の詳細と治療法2 | インプラント矯正 |
症状の詳細と治療法1 叢生/上顎前突/下顎前突
叢生(そうせい)
症状の詳細
歯がまっすぐに並ぶための隙間が足りないために、歯並びがでこぼこになる状態です。上の犬歯が外側にはみ出て八重歯ができます。八重歯はかわいらしいイメージがありますが、実際は虫歯や歯槽膿漏・口臭の原因にもなるので、健康のためにも良くありません。
治療法(小児)
でこぼこの歯並びを解決するには、できるだけ顎を大きくすることが考えられます。小学生のような永久歯と乳歯が混じり合っている時期(混合歯列期)は、いろいろな矯正装置を使って時間をかければかなり大きくなります。
治療法(成人)
永久歯に生え変わった後(永久歯列期)では、顎の発育は期待できません。そのため、顎の大きさに比べて歯の並び方のほうが大きければ、小さい顎のほうに歯の数をあわせなければいけません。歯の数を無視したり、無理に歯を並べ替えたりすると将来の歯周病の原因にもなるので、抜歯が必要なこともあります。
矯正前
矯正後(わずか1年足らずで歯を抜かずに改善)
矯正前
矯正後
■治療前
■治療後
【治療期間:14ヶ月・7回の通院】
■治療前
■治療後
【治療期間:16ヶ月・10回の通院】

非抜歯治療の薦め

非抜歯矯正治療は歯や歯肉にやさしいだけでなく、口元や顔形にいい影響を与える場合が多いです。
■妹 15歳 非抜歯治療 ■姉 18歳 小臼歯4本抜歯  
上顎前突(じょうがくぜんとつ)【出っ歯】
症状の詳細
上の前歯が下の前歯に比べて前へ突出している歯並びで、いわゆる「出っ歯」のことです。上の前歯が出ているタイプと下の歯や顎自体が後退しているタイプがあります。こうした不正咬合は自然に治ることは少なく、年齢とともに悪化します。
治療法(小児)
日本人の上顎前突は下顎の後退が原因であることがほとんどです。永久歯がすべて生えるまで矯正し、骨格を改善します。顎が大きくなれば歯もすべて並べることができるので、非抜歯で治療できる可能性もあります。
治療法(成人)
顎の発育が終了していれば、顎の大きさと位置を合わせて歯を並べます。上下の顎の位置がずれている場合、当院では小さい方の顎を基準に前の歯を後ろへさげる治療を行います。歯をさげるには隙間がいるので、抜歯が必要な場合があります。
矯正前
矯正後
矯正前
矯正後
■下顎が後退しています。
■下顎が前に出ました。
 
■施術前
■施術後
長年苦しんでいた肩こり・頭痛がなくなり、肩のバランスも良くなりました。悩まされていた習慣性顎関節脱臼症も良くなりました。
 
■治療前
■治療後
【治療期間:18ヶ月・11回の通院】
■治療前
 
■治療後
下顎前突(かがくぜんとつ)【受け口】
症状の詳細
下の前歯が上の前歯に比べて、前に突出している歯並びで、いわゆる「受け口」のことです。下の歯や下顎が出ているタイプと上の歯や上顎が後退しているタイプがあります。上顎の位置を調整するには早めの治療が必要です。
治療法(小児)
上顎を前方へ引っ張って移動させるのが主な治療です。日本人は下顎が本当に大きい場合よりも、上顎の遅い成長が原因であることが多いので、若年期から行う方が有利とされています。ただし、治療期間が長くなり、10年以上必要な場合もあります。
治療法(成人)
永久歯列でも下顎の発育が続くことがあります。遺伝的な原因が多く、治ったと思ってもすぐ再発する場合もあります。顎の発育が終わっていれば、顎の大きさと位置をあわせて歯を並べる治療をしますが、上下の不調和があまりに著しい場合は外科的手術が必要です。
矯正前
矯正後
■下顎の前突。
■下顎が後退しました。

下の歯が上の歯より前に出ている受け口(反対咬合)。3歳児健診で4〜5%の割合で見つかるが、「しばらく様子を見ましょう」といわれ、放置するケースが多い。しかし自然に治る率は低く、治療が必要だ。いつ、どう治療すればよいのか。子どもと大人に分けて治療法を紹介する。

成人編 「矯正→手術→矯正」3年半 (健保適用の場合 上下両あご100万円)

【顎形成 固定不要の手術も】
受け口は子供のうちに矯正具をつけられても治らなかったり、成長期に悪化したりするケースも見られる。成人の受け口の治療には、どんな方法があるのだろうか。
かみ合わせに悩む都内の30代女性会社員は、大学病院の矯正歯科医を訪ねた。X線撮影などの検査結果を基に、主治医から受けた説明はこうだった。「骨格の異常なので手術が必要。歯列矯正で見た目のかみ合わせだけを整える方法もあるが、歯や歯ぐきに負担がかかり、いずれ悪くなるので薦められない。」会社員は「歯もかみ合わせも長持ちさせたい」と手術を選び「矯正→手術→矯正」の計画に従い、約3年半の治療を受けた。
受け口は「顎顔面変形症」という病気で、かみにくい、発音しにくいといった機能的問題があった会社員の場合、一連の治療は、いずれも健康保険が適用された。上下両あごの手術を含む自己負担は計約100万円。「改善後はしゃべりやすくなった」と話す。

【原因は2種類】
受け口の原因は大別して2種類ある。一つは、歯のかみ合わせだけが逆の場合で、歯列矯正だけで治る。もう一つが骨格異常だけで顎形成手術と手術前後の歯列矯正が必要だ。
手術は、矯正歯科医が紹介する大学病院などの口腔外科で受けるケースが多く、年々増えている。例えば、新潟大医歯学総合病院の年間手術症例数は、この10年で2倍以上になった。
全身麻酔で口の中からメスを入れ、下あごの左右両側の根元の部分を一度切り離して後退させ、金属製の板やねじで固定する。上あごの後退が伴う場合には、上あごを前に引き出す手術も同時に行う。板やねじは4ヶ月〜1年後、あらためて手術ではずす。
歯列矯正は学齢期に施術を受ける患者が多いが、この手術は成長が止まってから受ける。成長期には、下あごなど「長管骨」と呼ばれる骨の両側の細胞が増殖し、成長に伴う変化が大きいからで、成長期に受け口が悪化するのもこのためだ。
ただ、手術前の矯正で歯の傾斜を正しく整えると、一時的に受け口が強まることがある。手術で解消されるが、治療を中断しようとする患者や家族もあり、「正しい治療の経過であることを理解してほしい」と言う。
正しいかみ合わせは、顔の審美的な効果だけでなく、健康上も欠かせない。鶴木院長は、手術が必要なのに10年近く視界による歯列矯正が続けられ、思い余って店員してきた患者の例を挙げ「自分はどういう治療を受けるべきなのか、治療方法や時期については顎顔面矯正外科の専門医に相談してほしい」と話している。

幼児編 一年以内に効果、9割改善(マウスピースで治療 装着は寝ている間だけ)

【3歳児検診で4〜5%該当】
下の歯が前に出ていると、かみ合わせが悪いため、食べ物をしっかりとかみ砕きにくく、下の歯が長持ちしにくい場合もある。息がもれるため、発音がうまくできなかったりもする。厚生労働省によると、3歳児健診で年間約4万〜5万人(4〜5%)が該当するという。
大抵は「永久歯が生えるまで様子を見ましょう」といわれるが、自然治癒する割合は1割に満たない。小学上級生以降になって、頭にベルトを巻き、下あごを押さえつける「チンキャップ療法」などが試みられるが、子供への負担が大きい。
そこで最近注目されているのが、幼児のうちに改善させる「ムーシールド」による治療法。寝ている間、口に特殊なマウスピースを装着する方法だ。
受け口は舌の位置が低く、下あごを前に押し出すように筋肉の圧力が働く。マウスピースの装着で舌の位置を上げ、口の回りの筋肉を正常化することで、上あごの成長を促し、下あごの成長を抑える。日本大学歯学部講師で「調布矯正歯科クリニック」院長、柳澤宗光先生が約20年前に考案した。
対象年齢は3〜6歳。装着は寝ている間だけで済む。柳澤先生は毎年20〜30人の子供を治療してきたが、6ヶ月〜1年で効果が表れ、約9割で改善が見られるという。3年前に米国で注目されたことから国内でも見直された。

【痛みなく嫌がらず】
東京都武蔵野市の会社員の長女(7)は3歳児健診で受け口と診断されたが、「様子を見ましょう」と言われ、放置してきた。たまたま柳澤先生に診てもらって治療法を知り、5歳から治療を始め1年後には改善したという。母親は「寝ている間、口に装着するだけなので楽だ。痛みもなく、子供がいやがることもなかった」と話す。


受け口を治す子供用のマウスピース
24時間ネット予約 このページのトップへ
Copyright (C) 2005 Eiseikai. All Rights Reserved.