いびき外来Snoring outpatient

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?SNORE

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは睡眠中に呼吸が止まる病気のことで、睡眠中の無呼吸(呼吸が止まった状態)もしくは低呼吸(呼吸量の少ない状態)が、睡眠時に1時間あたり5回以上あることがその定義となります。
肥満や首が短く太い、顎が小さいといったことから睡眠中に気道が狭くなったり、塞がってしまい、いびきや無呼吸が繰り返し発生します。

これにより十分な睡眠が夜間にとれていないため、日中の強い眠気、倦怠感を引き起こすことになります。
そして、高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因になるほか、狭心症、心筋梗塞、脳卒中といった重大な合併症につながる恐れがあります。

睡眠時無呼吸症候群イメージ

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療SNORE

いびきや睡眠時無呼吸症候群は、マウスピースを用いることで改善することができます。
寝る前にマウスピースを装着することによって、睡眠中の気道を広げ呼吸が止まることを防止します。
お一人おひとりの歯並びや顎の形にピッタリあったものをお作りし、口の中で調整して確認した後、夜間の使用法についてご説明いたします。

保険で対応できます。
事前に医療機関での睡眠検査、睡眠時無呼吸症候群の診断が必要です。
西日暮里歯科クリニックでは、いびき・睡眠時無呼吸症候群専門診療施設と連携を取りながら治療を進めています。

【提携医療機関】
上野睡眠クリニック
所在地 東京都台東区上野7-6-5 上野KYビル9階
TEL 03-5830-5951

スマ-トフォンサイトを表示する